透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

もうシミなんて怖くない!実力派美白スキンケアコスメを徹底調査

HOME » スキンケアに含まれる美白成分を徹底リサーチ » レチノイン酸

レチノイン酸

レチノイン酸は、とても効果が高いと評判の成分。ハイドロキノンなどとの併用で、確実な結果が出ると人気を集めています。なぜ人気が高いのか、どんな使い方をしたらいいのか、その特徴などを合わせてご紹介していきたいと思います。

肌の奥まで作用し、再生を促すレチノイン酸

レチノイン酸=ビタミンAレチノイン酸は、レチノールいうビタミンAの誘導体(※)のこと。ビタミンAは、そのままでは浸透しづらく効果が出づらいのですが、誘導体にすることで皮膚内で酵素と反応し、ビタミンAへ還元されるのです。

レチノールには、ピーリング効果や肌を生まれ変わらせる働きがあると言われています。ターンオーバーを促し、角質を取り除く作用があるとともに、細胞を再生する力もあるようです。さらには、肌の奥にあるメラニンも排泄してくれるため、シミの根本的な治療が可能となります。

ただ、レチノイン酸は国内では化粧品に使用することを認可されていませんので、皮膚科や美容クリニックなどで処方してもらう必要があります

※ビタミンAには、A1とA2があり、A1のことを化学名でレチノールと呼んでいます。

 

≪効果の期待できるシミの種類≫
しみの種類(クロネコ)老人性色素班・そばかす・肝斑・ニキビ跡・扁平母斑など
特に、治療が難しいとされている肝斑への効果も大きいと言われています(期間は他のシミ治療より長くかかります)。クリニックにてハイドロキノンなどと併用すれば、より確実な結果を得られるようです。また、シミ以外にもシワ・ニキビにも効果が期待できるという、いいこと尽くしの成分といえるでしょう。

クリニック処方だからこその高い効果

レチノイン酸は、とても効果が高く、シミだけでなくシワやニキビに悩んでいる方にもオススメしたい成分なのですが、数日で使用が終わる治療にはなりません。ある程度長期的なビジョンが必要になりますので、注意点を知ったうえで医師と相談することが大切です。

≪レチノイン酸の使用上の注意点≫

医師の指示に従った使用が必須!

化粧品には、レチノールがそのまま含まれていることがあります。ただし、これは細胞への影響がほとんどありませんので、ここで記載したような効果・効能はほぼないと言えます。

また、レチノイン酸とハイドロキノンとの併用の際に、肌トラブルを起こす場合がありますので、使用頻度・使用量をよく守り、医師の指示に従った使用する必要があります

一部の通販では、輸入品などでレチノイン酸が含まれるものを購入できるようです。しかし、勝手なケアで肌トラブルを起こしたり、他の化粧品との併用で副作用が出てしまっては、元も子もありません。この成分を含む化粧品を使用する際は、医師に処方してもらうか、医師が監修したコスメを使用することをお勧めします。