化粧品からサプリまで、実力派美白コスメを徹底解剖!

レチノイン酸

レチノイン酸は、とても効果が高いと評判の成分。ハイドロキノンなどとの併用で、確実な結果が出ると人気を集めています。なぜ人気が高いのか、どんな使い方をしたらいいのか、その特徴などを合わせてご紹介していきたいと思います。

肌の奥まで作用し、
再生を促すレチノイン酸

レチノイン酸は、レチノールいうビタミンAの誘導体(※)のことです。
ビタミンAは肌にとても良い成分ですが、浸透しづらく、効果が出にくいという特徴があります。その欠点をカバーすべく、肌に浸透しやすいように人工的に合成したのが、ビタミンA誘導体です。

レチノールの代表的な効果は、皮膚の代謝を活性させることです。ターンオーバーを促すことにより、肌内部に存在していたメラニンを肌の奥から押し上げて、排泄を行うため、シミの予防・対策に非常に効果を発揮します。また、角質をはがす効果もあるので、肌荒れ悩みをお持ちの方にもおすすめです。

ただ、レチノイン酸は国内では化粧品に使用することを認可されていませんので、皮膚科や美容クリニックなどで処方してもらう必要があります。

※ビタミンAには、A1とA2があり、A1のことを化学名でレチノールと呼んでいます。

レチノイン酸の効果が
期待できるシミの種類

老人性色素斑・そばかす・肝斑・ニキビ跡・扁平母斑など

特に、治療が難しいとされている肝斑への効果も大きいと言われています(期間は他のシミ治療より長くかかります)。クリニックにてハイドロキノンなどと併用すれば、より確実な結果を得られるようです。また、シミ以外にもシワ・ニキビにも効果が期待できるという、いいこと尽くしの成分といえるでしょう。

クリニック処方だからこその
高いレチノイン酸の効果

レチノイン酸は、とても効果が高く、シミだけでなくシワやニキビに悩んでいる方にもオススメしたい成分なのですが、数日で使用が終わる治療にはなりません。ある程度長期的なビジョンが必要になりますので、注意点を知ったうえで医師と相談することが大切です。

レチノイン酸の使用上の注意点

レチノイン酸には、古い角質を剥がし、ターンオーバーを促すことで様々な効果が期待できます。しかし、レチノイン酸の持つ作用はレチノールの50~100倍とも言われ、使い始めて数日後に薄く皮が剥ける、顔が火照る、痒み・乾燥などの刺激を感じることがほとんどです。

これらは、肌がビタミンAに慣れていないために起こる反応です。しかし、通常起きる反応なのか、炎症を起こしているのかの区別が難しいところです。使用量を減らすことで緩和される、使い続けることで肌が慣れてくる、などの場合もありますが、皮膚炎を引き起こすと炎症後色素沈着となる可能性も。肌質によっては、通常の反応である場合でも、炎症後色素沈着になる人もいます。その場合は、医師に相談し、炎症後のシミを予防する成分(トラネキサム酸など)との併用を検討されることをおすすめします。

他の成分との相性は?

レチノイン酸と併用すると効果の期待できる成分と、併用すべきでない成分をご紹介します。

メラニン生成を抑制するトラネキサム酸

トラネキサム酸は、メラノサイト(表皮の一番下の層にある色素細胞)の周囲の細胞に働きかけることで、メラノサイトの働きを活性化させる酵素を抑制する効果があるとされています。シミ部分では、紫外線に当たっていなくてもメラノサイトが活性化され続けるため、シミの予防・改善にトラネキサム酸が有効であると言えるでしょう。

このトラネキサム酸にL-システイン、ビタミンC等を配合した経口製剤について、臨床試験により肝斑に対する有効性が確認され、初めて肝斑のにみ効果が認められたOTC医薬品トランシーノ(DH-4243)として昨年9月に発売された。

出典:ファルマシアファルマシア:トラネキサム酸と肝斑(セミナー,<特集>化粧の世界 薬学からのアプローチ)

シミに直接働きかけるビタミンC

ビタミンCには、排出されずに肌に残ってしまったメラニン色素そのものを、普通の色素に戻す働きや、できてしまったシミを薄くしたりする効用が期待できると言われています。また、活性酵素の働きを抑制し、体が酸化する原因を抑えてくれます(抗酸化作用)。そのほか「副腎皮質ホルモン」の合成を促すことで、ストレスに強い肌へと導く作用もあると言われています。

医薬品との併用には要注意

レチノイン酸自体、効果が高く肌への影響が大きいもの。

 ケミカルピーリングは色素沈着や色素脱失,瘢痕形成などの副作用の危険から日本においてはあまり省みられなかった.レチノイン酸のrejuvenation効果が発見されたことによりprimingやmaintenance therapyが有効に行われるようになり,浅いケミカルピーリングでも効果が表れ,その効果を持続させることが可能になった.

出典:臨床皮膚科 54巻5号 (2000年4月) 臨床皮膚科 54巻5号 (2000年4月):特集 最近のトピックス Clinical Dermatology 2000 4 皮膚疾患治療のポイント ケミカルピーリング

クリニックでピーリングケアの施術を受けている、もしくはレチノイン酸を処方されている場合、さらにレチノイン酸が配合された化粧品などを使用すると危険です。角質を落としすぎ、肌トラブルを引き起こす可能性があります。ステロイドの入ったクリーム・軟膏なども、併用すると危険が伴うとされています。

レチノイン酸以外の美白成分も!
おすすめ美白化粧品&サプリメント

美白におすすめの化粧品はこちら 美白におすすめのサプリはこちら