透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

もうシミなんて怖くない!実力派美白スキンケアコスメを徹底調査

HOME » スキンケアに含まれる美白成分を徹底リサーチ » 美白美容液の安全性について

美白美容液の安全性について

大手化粧品メーカー・カネボウの美白化粧品を使ってスキンケアしていた人の肌に、白斑症状が出るトラブルがありました。

白斑とは、顔や手などにできる白いシミです。小さな斑点状になるものもあれば、まだらに出ることもあり、それらが広範囲にできる人もいます。また、治療をしても治りにくいことがあり、長期での診療が必要となるケースも。

安心してできる美白スキンケアとは今回のトラブルでは、「5cm以上の白斑」「3箇所以上の白斑」「顔に明らかな白斑」という3つの条件のうち、1つ以上を満たしている人が2000人以上確認されました。化粧品の使用を控えても白斑が消えない方が多く、現在も治療を続けているそうです。

2013年7月にこのニュースが大きな話題になり、カネボウが対象商品を自主回収したことで、事態は収束へと向かっているようです。
しかし、白斑症状が起きた詳しい原因や因果関係は、まだはっきりしていません。化粧品に配合されている美白成分・ロドデノールの作用ではないかと言われています。

この成分には、肌の奥でメラニンを作らせないようにアプローチしてシミを予防・解消する美白効果があります。メラニンは、「チロシン」と「チロシナーゼ」という酵素が結合することで生み出されます。ロドデノールは、その結合を邪魔する働きをするのです。

カネボウがオリジナルで開発したものですが、その安全性や有効性は厚生労働省から認定されていて、医薬部外品としての許可も取得していました。そのほかにも、化粧品の利用者の経過を1200例以上調査するなど、積極的に安全性を追求した上で商品化したそうです。

安全な美白化粧品とはそれでもこのようなトラブルに繋がってしまったことを考えると、「基準をクリアした」という根拠だけで安全と言い切るのは、危険なことなのかもしれません。カネボウ以外のメーカーやブランドでは、どのような根拠から安全と判断しているのか、気になるところです。

そこで、各メーカーの化粧品の安全性について問い合わせてみました。

各ブランドが答える美白成分の安全性

美白成分にはたくさんの種類があり、さまざまな美白成分を使うことで、化粧品に特徴を出して他社と差別化しています。中には、各メーカーがオリジナルに開発した成分もあるので、そのブランドの看板のような存在だと言えるでしょう。
白斑トラブルの原因と考えられるロドデノールも、カネボウの主力成分として注目を浴びていましたね。

そこで、今回は美白成分に着目しました。気になる成分を化粧品に配合しているブランドや開発したメーカーへ問い合わせ、成分や商品の安全性とその根拠を確認しました。

新安定型ハイドロキノン

新安定型ハイドロキノン(アンプルール)についてアンプルールの化粧品に配合されています。

新安定型ハイドロキノンが含まれている美白美容液・ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110の安全性についてアンプルールに問い合わせたところ、ブランド側では以下のように考えているそうです。

  • ハイドロキノンは、国内を含めて世界中の医療現場で使用されている成分だが、4%以下の濃度で使用した際は白斑症状に関する報告が1件もない。
    ※ハイドロキノンの濃度は、一般化粧品に配合されているのが1~2%程度、医療で使用する際は4~10%程度(国内の場合)。アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は2.5%
  • アンプルールで使用している新安定型ハイドロキノンは、ハイドロキノンとBCDACという物質を合成させたもので、従来のものよりも肌への刺激が低い
  • アンプルールの化粧品は、監修ドクターが定めた成分や配合量を守って製造されているため、医学的な見解からも安全

化学的な3つの根拠によって安全だと断言されているということがわかり、信頼できると思いました。
また、問い合わせのメールを送ってから返信が届くまで、2時間以内という迅速な対応だったのも良かったと思います。

ハイドロキノン

ビーグレンの美白スキンケアの安全性について外資系ブランド・ビーグレンでは、医療現場のシミ治療で使用されているハイドロキノンを配合した美白ラインを展開しています。今回は、そんなビーグレンの「トライアル ホワイトクリームexセット」の安全性について、メーカーに質問してみました。

  • ハイドロキノンは、白斑症状を起こした原因と考えられるロドデノールとはまったく異なる成分
  • 医療の分野で長年使われていることもあり、安全性が高い。
  • ビーグレンの「トライアル ホワイトクリームexセット」は今までにも数多くの人が使用したが、白斑症状などのトラブルは1件も確認されていない。

医療分野で使われている成分で、さらに長年の実績もあることから安全だと考えられます。ビーグレンは、問い合わせから返信のメールが来るまでの時間が約30分と大変スピーディーでした。

マグノリグナン

リサージでは、ロドデノールの他にマグノリグナンという美白成分を化粧品に配合しています。
ロドデノール配合化粧品に関しては回収をおこないましたが、こちらの成分を使った化粧品では白斑症状が起きていないため、基本的には安全のようです。実際に、その点についてリサージに問い合わせてみました。

  • リサージが販売している美白美容液「ホワイトニングエフェクターEX」では、美白成分としてマグノリグナンを使用しており、ロドデノールは配合されていない
  • マグノリグナンの安全性に関しては、薬事関係者と念入りに確認している。

特に危険性や問題が指摘されていないマグノリグナンに対しても、念入りに確認しているようです。
1日半ほどで返信が来ましたが、安全性について慎重に対策をおこなっているように感じました。

この返信から10日ほどして、新たにリサージからの返信がありました。マグノリグナンの安全性の根拠が詳しく説明されていました。

  • 2006年から化粧品に配合しているマグノリグナンだが、白斑などの報告や医師からの指摘は今までに挙がっていない。
  • ロドデノールとは別の仕組みで美白効果を発揮する。
  • 厚生労働省から安全性を認められている。

「確認中」で済ませるのではなく、安全性について確かめた上で回答をするという対応に、誠意が窺えますね。

コウジ酸EW

コウジ酸(コスメデコルテ)を使った美白スキンケアコウジ酸EWを配合した化粧品を数多く開発しているコスメデコルテには、「ホワイトロジストスポッツコンセントレイションEW」について質問しました。

  • コスメデコルテの化粧品に対して、医療機関から白斑症状などの報告は1件も挙がっていない
  • コウジ酸は、薬事法などのさまざまな法律や規定を遵守しており、さらには安全性の試験結果や品質情報など、幅広い観点から安全と判断して配合・販売している。
  • 開発後も安全性の監視を厳しくおこなっている。

問い合わせをしてから約1日で返信が届いたコスメデコルテですが、丁寧な細かい説明で納得することができました。

ルシノールR

ポーラの美白スキンケアについてポーラが開発した美白成分です。
そこで、開発元のポーラに同社の美白美容液「ホワイトショットCX」の安全性について問い合わせてみました。

  • ルシノールは、1998年から美白成分としてポーラの化粧品に使用しているが、現在までの15年以上、白斑症状などの報告は挙がっていない
  • ルシノールは、国内で指定されている安全性や有効性などの項目をすべてクリアした上で厚生労働省に申請し、認められた成分。
  • 実使用のための有効性評価では、国内の皮膚科医に協力してもらった。

美白成分として長年使い続けられてきただけでなく、安全性に関する厳しい基準をクリアした上で実用されていることから、安心して使える美白美容液だと思います。
問い合わせメールの送信後、1時間半以内に返信が届きました。

ピュールブラン

ピュールブラン(デルメッド)の安全性は?三省製薬が開発した化粧品ブランド・デルメッドでは、独自の成分・ピュールブランを使用していますが、その安全性についてはどのような見解なのでしょうか?
デルメッドの「美白のおためしセット」について質問しました。

  • ピュールブランは、ブドウ糖結合型ビタミンCや桑黄抽出液、リキリチンなどの複合成分で、ロドデノールとは性質が異なるため安全。
  • デルメッドで使用している成分や化粧品による白斑症状の報告は1件もない

デルメッドに問い合わせをしてから約1日で返信がありました。ピュールブランに含まれている成分の効果や特徴なども説明があり、わかりやすかったです。

総括

個人的に気になっていた成分と、現在までに使ったことがある化粧品を中心に調べましたが、どのブランドも実績などから安全性の根拠を見出していたので、副作用の心配をすることなく使っていけると思います。

特に、現在愛用中のアンプルールは、返答の内容が大変丁寧でした。新安定型ハイドロキノンがどのような成分で、どうして安全だと言えるのかを細かく説明してもらえました。
皮膚科医が化粧品開発の監修をしているので、回答の信憑性も高いのではないでしょうか。