透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

もうシミなんて怖くない!実力派美白スキンケアコスメを徹底調査

HOME » しみ対策化粧品で効果的にケアをするには » 自分のシミのタイプを知ろう

自分のシミのタイプを知ろう

みなさんご存じかと思いますが、シミができる原因は「メラニンの過剰発生」となります。では、なぜメラニンが過剰発生するのでしょうか?

シミができるメカニズムとは?

メラニンが生成される理由は、自分自身を守るためです。紫外線から細胞を守ろうとして、肌自身が黒い傘をさしたようなイメージを持っていただくと、わかりやすいかと思います。

この黒い傘はメラニンでできています。メラニンは、アミノ酸の一種であるチロシンが姿を変えたものになります。

チロシンは元々メラノサイトという細胞の中にいるのですが、紫外線によって活性酸素が発生すると、メラノサイトが活性化され、メラノサイトはチロシナーゼという酵素を元気にしてしまいます。そして、この酵素がチロシンをメラニンへ変換してしまうのです。

つまり、「活性酸素の発生→メラノサイトの活性化→酵素チロシナーゼ活発→チロシンがメラニンへ」というメカニズムになっています。

なぜメラニンは肌に蓄積されてしまうの?

活性酸素も、元々は体を守るためにあるものなのですが、過剰に発生すると自分自身を傷つけてしまうのです(体のサビの原因でもあります)。活性酸素が過剰発生する原因としては、紫外線はもちろんのこと、ストレスや食品添加物、喫煙などになります。

本来、メラニンによってできる黒い傘は、ターンオーバーによって外に垢として排泄されます。しかし、ターンオーバーがきちんとなされていない状態ですと、肌に留まりシミとなってしまいます。メラニンの生成が通常の状態でも、新陳代謝が乱れていればシミはできてしまうのです。

この新陳代謝の乱れの原因としては、ストレス・ホルモンバランスの乱れ・睡眠不足・加齢・長時間のメイク・栄養の偏りなど、様々なものがあります。

シミは加齢や紫外線によるものだけではない!

シミには、とてもたくさん種類があります。それぞれの特徴とチェック項目をご紹介しますので、自分のシミがどのタイプに当てはまるか、知っていただければ幸いです。

老人性色素班

スポット班や光老化性色素班とも呼ばれるこのシミは、加齢とともに出てくるシミのことを指します。

  • よくできる箇所→頬から額(特に頬骨やこめかみ)
  • 特徴→数ミリ~数十ミリの大きさで、丸型が多く、盛り上がりはない

【チェック項目】

甘いものをよく食べる
偏った食事をしている
アルコールをよく飲む
コーヒーのような黒みがかった濃い茶色である
丸い形で目立つ
40歳を過ぎて目立ち始めた
紫外線をよく浴びる生活をしている/紫外線ケアをしていない
大きさは数ミリ~数十ミリ
年とともに大きさや濃さが気になってきた

リボンのライン

肝斑

額や頬を中心に、目や口周りにできる茶色のシミを指します。左右対称にできるのが特徴で、閉経とともに消えたりするため、女性ホルモンが影響しているのではないかと考えられています。

  • よくできる箇所→頬骨や鼻まわり、額
  • 特徴→左右対称にでき、30~40代に多く、妊娠中やピルの服用中にもできることがある

【チェック項目】

左右対称にできている
周りとの境界線がなくぼやけている
頬に集中している
ホルモンバランスが崩れている
30歳を過ぎて気になり始めた
日頃からストレスを感じている
睡眠不足である
出産経験がある

リボンのライン

ソバカス

鼻を中心として、薄い茶色い不揃いのシミが点々と散らばっているようなシミになります。遺伝的なものになるため、小さいころから(特に小学生のころから)できることが一般的です。

  • よくできる箇所→鼻を中心として頬。身体にもできる。
  • 特徴→形が揃っておらず、大きさもまばら。小さい頃からでき、年齢とともに濃くなったりする

【チェック項目】

鼻周りを中心に頬に散らばっている
親や兄弟にもある
小さいころからある
昔からよく紫外線を浴びていた
紫外線を浴びると濃くなる
ゴシゴシ洗ったり拭いたりと、皮膚に刺激を与えている

リボンのライン

肌老化

その名の通り、肌が老化してできるシミのことを指します。実年齢に関係なくできることが多く、紫外線ケアをしていない、よく紫外線を浴びる、乾燥肌、ストレス、睡眠不足、栄養の偏りなどの要因よって起こるものになります。

【チェック項目】

紫外線ケアをしていない
乾燥肌だ
キメが整っておらず、全体的にタルミがち
シワが気になってきた
睡眠不足だ
ストレスは多いと思う
スキンケアの情報には疎い
肉や魚はあまり摂らない

リボンのライン

ご自分のシミのタイプがおわかりになったでしょうか?敵について知らなければ、対策を練ることはできません。一度じっくり鏡と向き合って、また自分の生活を振り返って、シミを観察してみてくださいね!