化粧品からサプリまで、実力派美白コスメを徹底解剖!

毎日のスキンケアにひと工夫を

シミを残したくない、透明感のある白い肌でいたいと考えている人は少なくないかと思います。そのために、スキンケアに気を遣っている方も多いのでしょうが、きっと正しい知識をもって行っている人は限られているはずです。

ここでは、UVの基礎知識から、日焼けをしてしまった場合のケア方法、注意点などについてご紹介しています。

日焼けしてしまったら…?

日焼けをしたくないから夏の間はずっと家で過ごす…なんて難しいですよね。せっかくの夏ですから、紫外線は気になりつつも、海や山へと足を運びたくなるのが人情です。でも、屋外は紫外線が強いため、UV対策をしっかりしても、紫外線ダメージから逃れることは難しく、帰宅してから、真っ赤に腫れたお肌を見て後悔…なんてことは、よくありますよね。

紫外線ダメージを受けた肌へ慌てて美白化粧品を叩き込む方は多いと思いますが、それは大間違い。焼けたお肌をケアする正しいスキンケアは、まずは冷やすことと保湿が重要です。

まずは冷やす!

日焼けした直後の肌は軽い火傷状態になっています。料理をしていて火傷をしてしまったら、どうしますか?すぐに冷やしますよね。日焼けも同じです。
ただし、氷を直接肌に当てるのはご法度。ただでさえ乾燥している肌を、より乾燥させて弱らせてしまいます。タオルに巻くなどしてから冷やしましょう(水で冷やす場合は直接でOK)。

たっぷり保湿!

肌の赤みやヒリヒリ感が治まったら、とにかく潤いを与えます。肌は乾燥状態ですので、水分を与えて元気にさせるのです。ただし、このとき肌は非常に弱っていますので、肌に優しいシンプルな化粧品を選ぶことをオススメします。
つまり、まだUV化粧品を使用する段階ではありません。化粧水を冷蔵庫で冷やすのもオススメ。肌がクールダウンできます。保湿効果がある軟膏や乳液などで、肌にフタをすることも忘れずに。

美白化粧品でお手入れ

まだまだ肌は弱い状態。美白効果の強いものを使用したくなりますが、普段から使っている肌に合う美白化粧品を使うことが大切です。余計な刺激は与えず、確実な効果を願いましょう。

サプリメントでお手入れ

より早く美白効果を実感したいなら、化粧品のお手入れにサプリメントをプラスするといいでしょう。美白効果や新陳代謝を促す効果のある成分が含まれたサプリメントを体内に取り入れることで、細胞から働きかけてくれます。また、肌が弱く、美白化粧品が合わないという人にもサプリメントはおすすめです。

どんな紫外線予防ケアをすればいいの?

最近では白くならないタイプの日焼け止めも売っていますが、ベタついてしまうことや上からさらにメイクをすることを考えても、なかなか難しい量かと思います。そういった場合は、うまくパウダーを利用すると、より確実に紫外線ケアができるかと思います。

美白ケアする女性

また、高い数値のものを一度塗れば、1日安心というわけではありません。高い数値のものは、肌への負担も大きいため、日常使いにはおすすめしません。また、汗で流れ落ちやすいので、その都度、塗りなおすのが重要。タイミングとしては、2時間に1回から4時間に1回は塗りなおしたいところです。メイクの上から使用可能なスプレータイプもうまく利用し、髪も含めた全身のUVケアを心がけたいものです。

UV効果のある手袋や帽子、日傘、サングラスを利用すれば、さらに効果は上がりますよ。

知っておきたいこんな注意点

UVケアをするうえで、注意したいのは、こんな箇所です。

鼻の黒ずみが気になる人、多いですよね。角質ケアをするなどで汚れを取り除くことも大切ですが、黒に反応する分、日焼けをすると余計に黒ずみが目立ってしまうケースも。しっかりと鼻の頭まで日焼け止めを塗り、こまめな塗り直しをオススメします。

目の際

薄いシミが点々とできやすい個所。もともと肌が薄く乾燥しやすい場所でもありますので、より丁寧なケアを心がける必要があります。できるだけ負担のない日焼け止めを選んだり、サングラスを利用することが大切です。

口周り

肝斑ができやすい個所でもありますので、キワまで丁寧に日焼け止めを塗る必要があります。また、唇にもシミはできますので、できればUV効果のある口紅を利用すると良いでしょう。

ただし、荒れる人もいますので、そういった場合は無添加のタイプを選んだり、無理してUVケア用のものを選ばない勇気も必要です。一般的な口紅を塗るだけでも、何もしないより効果はあります。

背中

自分ではあまりジッと見ない箇所ですので、ついつい見落としがち。自分でケアしずらいというのもネックですよね。とはいえ、ニキビもできやすい場所は、ニキビ跡がシミになることもあるので、ケアを欠かさないようにすることが大切です。

ケアが面倒な首の裏側をは、ストールをサッと巻いたり髪を下すだけでも、UV対策になります。

また、美白化粧品を利用するうえでの注意点もあります。使用するタイミングについてはお伝えさせていただきましたが、使用方法にも注意点が。

しっかり浸透させて効果を得たいからと、何度も重ね塗りをする人がいますが、まったくもって無意味です。肌への浸透可能量は決まっているので、無駄にたくさん使うのではなく、確実に長く使ってあげてください。ターンオーバーは20代でも28日を要するので、数か月かけてケアを続けることが必要です。

美白ケアの大敵、紫外線の種類について

UVケア商品に記載されている「SPF」「PA」。実は3種類ある紫外線、A波・B波・C波と関係があります。

A波

肌が黒くなる原因がA波です。波長が長いので、私たちの元へたくさん届くうえに、コラーゲンやエラスチンといったハリやキメに関わる肌の層まで、深く届いてしまいます。つまり、シワ・たるみの原因としても大きく関わってくるのです。これをどのくらい防止してくれるかを、PAが表しています。

B波

一般的に日焼けをして赤くなる原因はB波。波長が短いので、私たちのところへは1割程度しか届かないのですが、パワーが強いので皮膚がんの原因とも言われています。このB波の影響を、どれくらい抑制するかの数値がSPFです。

C波

紫外線のシャワー

C波は、地上にいる人間には届かない波長なので、特に問題はありません。

各単位の数値を説明すると、SPF20であれば、何もつけてない素のままの肌が、赤くなるなどの影響が起こるまでの時間を、20倍に延ばすという意味なります。一般的に、紫外線を浴びて肌が赤くなり始めるまでに色白の人で20分、普通肌で25分、色黒の人で30分と言われていますので(あくまで目安です)、25分×20=500分(約8時間)です。

PAは単純な表記となっていて、PA+<PA++<PA+++という順で予防効果が大きくなります。

ただし!これはあくまで肌1平方センチメートルの範囲に対して、2ミリグラムを塗っていった場合の数値だそうです。つまり、かなりの量を全身に塗らない限りこの目安の数値分の紫外線ケアができないというわけです。

美白におすすめの化粧品はこちら 美白におすすめのサプリはこちら