透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

透明肌を目指す!美白スキンケアコスメ特集

もうシミなんて怖くない!実力派美白スキンケアコスメを徹底調査

HOME » 美白スキンケアコスメ選び 3つのポイント » 美白力

美白力

美白をしたい、シミをなんとかしたいと考えている人に知ってほしい、美白スキンケア化粧品の選び方のポイント。1つめは「美白力」です。

美白力には、実は2種類あります。「できてしまったシミを改善するもの」と「これからできるシミを予防するもの」です。

もちろん、美白を望むのであれば、シミを予防する力は外せません。しかし、それだけでは物足りなく、すでに気になるシミができてしまっている場合には、シミを改善する力を持つスキンケアコスメを使用する必要があるのです。

それでは、そんな力をもつのはどんな成分なのか、具体的にご紹介したいと思います。

「還元」と「予防」に分かれる美白力

お花リストできてしまったシミを改善する成分 お花リストこれからできるシミを予防する成分
ビタミンC誘導体
(酵素チロシナーゼ抑制効果、メラニン還元効果)
プラセンタエキス
(酵素チロシナーゼ抑制効果、ターンオーバー正常化)
ハイドロキノン
(酵素チロシナーゼ抑制効果、漂白効果)
エナジーシグナルAMP
(ターンオーバー正常化によるメラニン排泄)
油溶性甘草エキス
(酵素チロシナーゼ抑制効果、メラニン還元効果)…など
アルブチン
(酵素チロシナーゼ抑制効果)
エラグ酸
(酵素チロシナーゼ抑制効果)
ルシノール
(酵素チロシナーゼと合体し、チロシン阻害効果)
トラネキサム酸
(情報伝達物質プラスミン阻害効果)
リノール酸
(酵素チロシナーゼ分解作用)
コウジ酸
(酵素チロシナーゼ抑制効果)…など

これらは美白効果のある成分のうちのほんの一部です。探し始めたら、本当にたくさんの成分と出会うことになるかと思います。興味のある方は、一度徹底的に調べてみるのも面白いかもしれません。

おすすめの成分と化粧品の選び方

美白に効果のある成分はたくさんありますが、その中で一体どの成分が配合されている化粧品を使ったら良いのでしょうか。

私のオススメとしては、「ハイドロキノン・ビタミンC誘導体・アルブチン」です。美白力に関しては特に定評のある成分ですので、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

お花リストハイドロキノン

ハイドロキノンは、別名「肌の漂白剤」とも言われているほど、美白効果の高い成分です。通常、美容皮膚科などで処方される成分ではありますが、最近ではハイドロキノン配合の化粧品が販売され、スキンケアで取り入れることも可能になりました。

ハイドロキノンは、シミの予防はもちろん、今あるシミを薄くする効果も持ち合わせ、1つで2つの働きをしてくれる成分なのです。即効性を求める人、確実にシミをケアしたい人には本当にオススメの成分ですよ。

お花リストビタミンC誘導体

これはビタミンCを浸透しやすくしたもので、効果としてはビタミンCとなります。身近な分、とても安全で、安心して使用することが可能です。その割に予防と還元の両方の効果が期待できるので、美白初心者の方でも使いやすいかと思います。

ただし、乾燥しやすいものが多いため、乾燥肌の方や敏感肌の方はパッチテストをしたうえで、しっかり保湿できるものと併用しながら使用した方が良いでしょう。

お花リストアルブチン

アルブチンは、「美白成分」として厚生労働省から認可された成分のひとつ。従来の化粧品に含まれているアルブチンは「βアルブチン」が含まれていますが、オススメしたいのは「αアルブチン」です。

αアルブチンは、ロキノンとブドウ糖をα結合させたもの。αアルブチンは、βアルブチンに比べて肌馴染が良く、10倍の美白効果が期待できます。非常に美白効果が高く、これからできるシミにしっかり働きかけてくれますよ。