化粧品からサプリまで、実力派美白コスメを徹底解剖!
スキンケアから見直す! 美白化粧品&美白サプリメント手帳 » 美白スキンケアコスメ選び 3つのポイント

美白化粧品の選び方ガイド

美白スキンケアを選ぶときには、「美白力」「保湿力」「浸透力」の3つがポイントになります。それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

美白力

美白力には2種類あります。ひとつは「できてしまったシミを改善するもの」で、もうひとつは「これからできるシミを予防するもの」です。それぞれの代表的な成分を紹介します。

できてしまったシミを改善する成分

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • ハイドロキノン
  • エナジーシグナルAMP
  • 油溶性甘草エキス

これからできるシミを予防する成分

  • アルブチン
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • トラネキサム酸
  • リノール酸
  • コウジ酸

これらは、美白効果のある成分のうちの、ほんの一部ですが、この中でもとくにおすすめの成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノンです。
ビタミンC誘導体は、そのままでは肌に浸透しにくいビタミンCを浸透しやすくしたもので、ビタミンCと同じ効果を持ちます。安全な成分で、予防と還元、両方の効果が期待でき、美白初心者でも使いやすい成分です。厚生労働省から認可された美白成分のひとつがアルブチン。アルブチンには「αアルブチン」と「βアルブチン」がありますが、とくにおすすめなのがαアルブチンで、βアルブチンよりも肌へのなじみが良く、10倍の美白効果が期待できるといわれています。
ハイドロキノンは、シミの予防はもちろん、いまあるシミを薄くする効果もあり、1つで2つの働きをしてくれる成分なので、即効性を求める人や確実にシミをケアしたい人におすすめです。

保湿力

美白に保湿力がなぜ必要なのかというと、「乾燥してダメージを受けた肌は、紫外線による刺激を受けやすいから」です。つまり、保湿をして肌の状態を正常にすることで紫外線の吸収が抑えられ、乾燥によって起こる肌トラブルやニキビ、ニキビ跡の色素沈着を予防。
保湿ケアと一緒に美白ケアを行うことで、乾燥から起こる肌トラブルの悪循環を防ぎ、効率よく美白ケアを行います。
保湿力の高い成分は以下の通りです。

  • セラミド
    「細胞間脂質」と呼ばれ、細胞同士をつなぎ合わせる役割をもつ。バリア機能をサポートする働きがあり、外部からの刺激による肌トラブルを防ぐ。
  • アルギニン
    アミノ酸の一種で、抜群の保水力をもち、他のアミノ酸と比べて水と吸着する力が高い。肌内部でアルギナーゼという酵素によって尿素に変換される。
  • コラーゲン
    肌細胞の7割を占める成分で、ハリや弾力を与えてくれる。水分を維持し、細胞に酸素や栄養素を供給し老廃物を排泄させる作用もある。
  • ヒアルロン酸
    1gで6リットルの水を保持できるといわれる成分。細胞間脂質と連携して肌の機能を守る。ヒアルロン酸の減少によってコラーゲンやエラスチンも影響を受ける。
  • リピジュア®
    ヒアルロン酸の2倍の保湿力をもつといわれる成分。肌に塗ると、潤いのベールを張って肌を乾燥から守る。
  • プロテオグリカン
    ヒアルロン酸の1.3倍の保水力をもつ。水分や栄養素を蓄えるほか、ターンオーバーを促進する働きもある。

浸透力

どんなに優れた成分でも、肌の内側にしっかり浸透してくれないとその効果を発揮することはできません。肌に浸透しづらいビタミンCが、浸透しやすいビタミンC誘導体という形に変換されたことで、肌への浸透力が高くなりました。肌に浸透しやすい形にする代表的な方法には、「ナノテクノロジー化」や「マイクロカプセル製法」などがあります。

  • ナノテクノロジー化(低分子化、ナノ化)
    人間の肌の細胞と細胞の間は250ナノメートルといわれています。高圧で衝撃を与えて美容成分をナノサイズ化し、細胞間を通りぬけて肌の奥まで浸透させるようにしたものが、ナノテクノロジー化です。
  • マイクロカプセル(ナノカプセル)
    製法水溶性のコラーゲンやヒアルロン酸は、ナノサイズ化しても、真皮層に到達する前に溶けてしまうのですが、その問題点を解消してくれるのがマイクロカプセル製法です。リン脂質など親水性の性質をもたない成分でカプセルを作り、その中に有効成分を閉じ込めて、肌の奥に届けるというものです。カプセルは徐々に肌になじんで、中の有効成分が出てくるので、その効果を肌の奥でしっかり得ることができます。
美白におすすめの化粧品はこちら 美白におすすめのサプリはこちら